1. HOME
  2. 組合案内
  3. 会長挨拶

UNION GUIDE

組合案内

会長挨拶

MESSAGE

 昭和40年の厚生白書に「一億総水洗化目標」が掲げられ、浄化槽法が昭和58年に制定されて以来、浄化槽を取り巻く状況は大きく変化してきました。
 平成を経て令和の世になり、汚水処理人口普及率は91%を超えましたが、未だ1,100万人が汚水処理施設を利用できない状況にある一方で、高度成長時代に建設された下水道施設の老朽化や管渠の更新、少子化等により、現在の日本にあったインフラ整備を進める必要性が高まっています。

 生活環境の基盤に関わる市町村の廃棄物処理や浄化槽の維持管理に携わる私ども業界に課せられた社会的責任はますます重要になっています。
 全国環境連では、2015年国連サミットで採択された「SDGs(持続可能な開発目標)」にある、すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保することを目指し、一丸となって取り組んでまいります。

 

全国一般廃棄物環境整備協同組合連合会
会 長 鳥越 澄夫